スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下“維新の会”最大会派に肉薄 自民2府議も加入へ(産経新聞)

 大阪府議会の自民党府議団(29人)に所属する議員2人が、執行部に対し離団の意向を伝えたことが26日、関係者の話で分かった。2人は橋下徹知事の主張に賛同する「大阪維新の会」(24人)に加わる見通し。一方、諸派の2人が民主会派入りの意志を固めたという。いずれも移籍が実現すれば、府議会(定数112)の会派構成は自民27、維新26、民主24、公明23、共産10、諸派2となる。

 離団の意向を伝えたのは、三田勝久議員(大阪市港区選出)ら2人。三田議員は「このまま行くと大阪府も大阪市も厳しくなる一方だ。橋下知事の強力なリーダーシップのもと、行政の仕組みを立て直す府市再編にかけてみたい」と話した。

 大阪維新の会は今月1日に22人で発足。その後、2人が加入し、単独第2会派となっていた。一方、一時は49人だった自民は、移籍が実現すれば27人となる。

 民主は、大阪維新の会の結成で2人が離脱し第4会派となったが、新たに2人が加わることになれば、第3会派に浮上する。

 5月21日に開会予定の5月定例議会では、議長選をはじめ、常任委員会の委員長ポストの割り振りなどが控えている。各会派の勢力で議会人事も左右されるため、会派間の多数派工作が活発化している。

【関連記事】
橋下府知事、空港活性化案「就任時とは隔世の感」
恒久化へ地域新党「減税日本」 河村市長、橋下知事と連絡取る
橋下大阪知事が甲子園で始球式
橋下知事、脱線事故現場で献花「安心安全求めたい」
橋下新党を支援する「経済人・大阪維新の会」が発足
「裸の王様」次に座るのは…

通信大手、組織分離を要求=NTT再編めぐり-総務省部会(時事通信)
医療器具販売会社に破産開始決定―東京地裁(医療介護CBニュース)
バイクで500万円入りバッグひったくり 東大阪(産経新聞)
「住宅エコポイント」窓の断熱に人気 店や自治体、独自の動きも(産経新聞)
「納得できない」…事件幕引き懸念の声(読売新聞)
スポンサーサイト

日本創新党 首長らが新党 党首に山田・東京都杉並区長(毎日新聞)

 山田宏・東京都杉並区長や中田宏・前横浜市長らは18日、都内で記者会見し、地方自治体の首長や首長経験者らによる新党「日本創新(にっぽんそうしん)党」の結成を正式に発表した。党首には山田氏が就き、代表幹事に中田氏、政策委員長に斎藤弘・前山形県知事がそれぞれ就任した。現職国会議員は参加せず「国会議員5人以上」などの政党要件は満たしていない。

 今夏の参院選には選挙区、比例代表で計10人以上を擁立し、5議席以上の獲得を目指す。候補者選考には公募も導入する方針だが、党幹部の山田、中田、斎藤3氏の立候補については明言を避けた。

 山田氏は新党結成の理由について「民主党政権を見ると、政治とカネの問題、日米の同盟関係の揺らぎ、経済や財政の悪化と、放置しておくと日本はあと3年持たない。現状を打破する政党は見当たらず、やむにやまれず立ち上がった」と説明した。5月に結党大会を予定している。

 新党は目指す国家像として「自由で力強い日本」をうたい、基本目標に「国家」「地方」「国民」の自立を掲げた。政策面では法人税、所得税を減税し、国際競争力を高めるほか、道州制の導入や高校以上の学校設置の自由化などを挙げた。

 新党を応援する首長連合には、上田清司・埼玉県知事を代表呼び掛け人に、松沢成文・神奈川県知事や河村たかし名古屋市長ら26人が名を連ねた。会見に同席した上田知事は「それぞれの立場や主義主張を超えて応援する緩やかな連合だ。新しい動きが既成政党に刺激を与え、大きな転換になる。私たちは選挙区は(各党派と)等距離の方が多いが、比例は応援の度合いはいろいろある」と話した。【笈田直樹】

【関連ニュース】
自民:政策テーマを協議
選択の手引:’09衆院選 マニフェスト最終点検/下 国のかたち
ビジネス・経済 『名古屋から革命を起す! たちまち…』=河村たかし・著
県:地方分権・道州制で報告 市町村と協力重視 /宮崎

「維新の会」府の資料流用 マスタープラン 橋下知事が陳謝(産経新聞)
首相動静(4月17日)(時事通信)
損保代理店が2600万円詐取=架空の金融商品で-東京海上(時事通信)
<愛知5人殺傷>ネット競売で借金300万円 警察に父相談(毎日新聞)
カジノ議連きょう発足 パチンコ換金、合法化検討(産経新聞)

雑記帳 「イルカのぼり」スイスイ 青森(毎日新聞)

 青森市浅虫の県営浅虫水族館前で、こいのぼりならぬ「イルカのぼり」(長さ5メートル)や「ペンギンのぼり」(同4メートル)などが空をスイスイ泳いで来館者を出迎え、人気を集めている。

 アマゾンの淡水魚ピラルクー(同4.5メートル)やディズニー映画の主役にもなったカクレクマノミ(同3メートル)も。同水族館の人気者で来館者を楽しませようと5月5日まで連日、掲揚している。

 同水族館の来館者は近年30万人台前半が続いている。東北新幹線新青森駅開業(12月)で観光客増が期待される中、イルカの得意技にあやかって来館者数も大ジャンプしたいところだ。【三股智子】

【関連ニュース】
アカデミー賞:「ザ・コーヴ」波紋 和歌山イルカ漁映画
アカデミー賞:ドキュメンタリー賞に日本のイルカ漁告発作
鴨川シーワールド:イルカの飼育、親子連れ学ぶ /千葉
バンドウイルカ:すくすく元気に 「桜太」20日で1歳--くじらの博物館 /和歌山
バンドウイルカ:「ダン」仲間入り きょうから一般公開--桂浜水族館 /高知

<JAL>若田さんと宇宙に長期滞在したラッキーベアを羽田で展示(毎日新聞)
切手7530円分着服、書記官を免職=横領容疑で告発も-岐阜地裁(時事通信)
舛添氏、橋下・東国原知事との連携に積極姿勢(読売新聞)
独居高齢者の安否、乳酸菌飲料の無料宅配で確認―千葉県成田市(医療介護CBニュース)
山形新幹線急停止、車両の下に女性…けがなし(読売新聞)

<平沼代表>参院選目標議席「少なくとも10」(毎日新聞)

 新党「たちあがれ日本」の平沼赳夫代表は12日午前、東京都内で記者団に対し、夏の参院選の獲得目標議席について「最終的には民主党の単独過半数を制さなければならないので、少なくとも10議席獲得という目標を掲げている」と述べた。同日午後から与謝野馨共同代表らメンバー5人による候補者選考を本格化する。比例代表で10人以上、選挙区では東京などに4~5人を擁立する方針で、候補者の公募も検討する。

 また、同党の園田博之衆院議員は11日、フジテレビの番組で、現在5%の消費税率について「なるべく早い時期にあと5%はお願いしなければいけない。本来は最終的にあと10%は必要だが、国民生活が向上しないと無理だ」として、10%に引き上げる必要があるとの認識を示した。同党は10日発表した基本政策で消費増税を明示しなかったが、参院選のマニフェスト(政権公約)には具体的な引き上げ率を盛り込む方針だ。【野原大輔】

【関連ニュース】
新党:「たちあがれ日本」政策面で自民との違い見いだせず
新党:参加者広がらず苦悩の船出 「たちあがれ日本」結成
新党:「たちあがれ日本」旗揚げ 平沼元経産相が代表就任
新党:「たちあがれ日本」発足へ 平沼元経産相が代表就任
たちあがれ日本:10日結成 党名不評「長過ぎる」

強盗殺人で無職男に無期懲役=酒店主襲い5万円奪う-千葉地裁(時事通信)
少年愛好「ショタコン」国際化、性ビジネス確立(読売新聞)
首相の核安保サミット出席を発表=拡不拡散に協力表明へ(時事通信)
新核軍縮条約調印 首相「大いに歓迎」(産経新聞)
<生活保護>「囲い屋」排除 申請段階で住宅提供 大阪市(毎日新聞)

<詐欺容疑>桑名市の元課長、別件で再逮捕へ(毎日新聞)

 三重県桑名市の課長が市の指名業者から現金4000万円を詐取したとされる事件で、愛知県警は近く、知人からも現金数百万円を詐取したとして、元市環境政策課長、太田耕史被告(54)=詐欺罪で起訴=を詐欺容疑で再逮捕する方針を決めた。県警によると、太田被告は知人女性に「投資をすれば医療法人の理事になれる」と架空の投資話を持ちかけ、現金数百万円を詐取した疑いが持たれている。【秋山信一】

【関連ニュース】
振り込め詐欺:70代女性3500万円の被害 福岡
詐欺容疑:警官装い免許証詐取 45歳男逮捕 警視庁
闇サイト:監視強化へ「ネットハンター」新設…警視庁
出資法違反:ゲーム開発で100億円集金か 愛知県警捜査
詐欺:桑名市元課長を起訴 名古屋地検

懐かしい街並みの写真、QRコードで携帯に(読売新聞)
<弁護士バー>東京・渋谷に開店へ 接客で法律相談はせず(毎日新聞)
広報室内に「コミュニケーション支援室」、7月に設置へ-厚労省(医療介護CBニュース)
<B型肝炎訴訟>原告が抗議行動…厚労相面談拒否で(毎日新聞)
新党結成の動きを歓迎=渡辺喜氏(時事通信)

患者の骨折り看護師再逮捕=88歳女性への傷害容疑-兵庫県警(時事通信)

 兵庫県佐用町の佐用共立病院で看護師が入院中の高齢者の肋骨(ろっこつ)を折ったとされる事件で、県警捜査1課などは4日、傷害容疑で看護師羽室沙百理容疑者(26)=傷害罪で起訴、懲戒解雇=を再逮捕した。県警によると、容疑を認めているという。
 再逮捕容疑は、昨年1月17日から19日の間、当時88歳の女性患者の胸を両手で強く押し、肋骨4本を折った疑い。
 県警によると、女性は骨折の約6カ月後に死亡。死因は慢性心不全で、県警は骨折との因果関係はないとしている。
 同病院では2008年12月8日から09年1月19日の間に75~99歳の寝たきりの患者6人が肋骨などを骨折した。
 羽室容疑者はこれまでの調べに「人間関係に悩んでいらいらしていた」などと話し、6人全員について関与を認めているという。 

【関連ニュース】
メッセンジャー黒田さん活動再開
シー・シェパード活動家を起訴=傷害罪も、犯意否認
乗組員傷害容疑などで追送検=捕鯨妨害のSS活動家
捜査の行方見守る=行司逮捕で相撲協会
長男虐待容疑で行司を逮捕=日常的に暴力か

<ケアベア>福岡に特設コーナー…米国生まれの人気キャラ(毎日新聞)
自首の男を殺人容疑で逮捕 大阪・天王寺のマンション刺殺事件(産経新聞)
政府案「数日のずれも」=普天間移設で首相(時事通信)
参院選2人擁立 鳩山首相「小沢幹事長の方針」(産経新聞)
<ロールケーキ>ロールケーキ「お役所仕事」、17日発売 鳥取県伯耆町(毎日新聞)

【ゆうゆうLife】自分で立てるケアプラン(産経新聞)

 ■充実した“生” 身近で実感

 介護保険の在宅サービスの利用に必要なケアプラン(居宅サービス計画)を、自分で立てる試みが広がりつつある。「不要なサービスを減らすことができた」「精神的に元気になれた」「人生の最後まで自分の予定は自分で立てたい」-。高い専門性が求められるケアマネジャーと異なり、自分のプランなら気軽につくれる。「負担感は意外に軽い」という声もある。(牛田久美)

 東京都町田市の元自治体職員、中村達雄さん(61)は父親=当時(88)のケアプランを立てた。

 父親は認知症の治療を受けていた。症状がだんだん進み、なじみの理髪店から帰宅できなくなったりしたため、介護保険の訪問介護を頼もうとした。ところが、多忙なケアマネジャーと半年近くも連絡が取れず、「自分で頼む方が早い」と感じたのが自己作成のきっかけだった。

 両親が暮らす市の介護保険課に相談し、書類をもらった。サービスを提供してくれる事業所名などを記入し、前月末までに提出する。他人の来宅を嫌がる母親も、息子の中村さんの話なら聞いてくれた。

 「父自身はプランどころか、保険の仕組みも分からなかったと思う。それでも父に寄り添って一緒に過ごした最後の日々は、幼いころに親と持っていた親密な関係を取り戻すことができたひと時でした」

                  ◇

 3月末、都内で開かれた『ケアプランを自分でたてるということ』(筒井書房)の出版記念フォーラムでは、自己作成の体験者がそれぞれの“得たもの”を口々に語った。

 50歳のときに脳梗塞(こうそく)で倒れた主婦、高木洋子さん(61)=多摩市=は「何もできない人間になってしまったと落ち込んだが、自分でプランを立て始めてどんどん元気になれた。やりたいことを実現するために何が必要なのかプロセスを考えるうち、リハビリの目的なども分かり、前向きに取り組めるようになった」

 府中市の主婦、島村八重子さん(55)は義母が90歳で亡くなるまで7年間作成した。

 義母が自分なりの暮らしの中で、何ができて、何を不安と感じているのかを一緒に考えた。互いに干渉しない二世帯住宅で掃除や調理はヘルパーに助けてもらい、味付けは義母がする。散歩は歩行器をレンタル。人との交流は、介護保険のサービスではなく玄関にベンチを置いた。義母は40年間暮らした地で井戸端会議を楽しんでいたという。

                   ◇

 「事業所と直接やりとりができて、もどかしさがなくなった」「ショートステイの予約がスムーズ」「急なデイ利用も即応できる」などさまざまな長所がある自己作成。ただ、自己作成できること自体、あまり知られていない。島村さんは「いったん知った人の関心は非常に高い」と語り、全国マイケアプラン・ネットワークを組織して体験者の情報と理念の共有を目指す。

                   ◇

 ■老いを考える良い機会

 介護保険導入から満10年がたつ。最近は、サービスの利用に慣れた人たちが自己作成に切り替えるケースが多いという。事業所所属のケアマネジャーだとその事業所提供のサービスに限られるが、自己作成なら複数の事業所のサービスを組み合わせることもできる。

 今回、体験者へのインタビューで『ケアプランを自分でたてるということ』をまとめた著者、橋本典之さん(29)は「ぼくらの世代は『お年寄りに優しくしよう』という言葉に象徴されるように、老いを他者のものとして教わってきた。ケアプランを家族で考えることは、だれもが迎える老いを、他者ではなく自分に内在するものとして考える良い機会。友人と『自分でつくりたいね』と話している」という。

                   ◇

 ■大事なのは内容

 ≪関西福祉大学大学院の小國英夫教授の話≫

 「自分で立てる『マイケアプラン』は単に手続きの方法論ではありません。大事なのはその内容です。手続きは『自己作成』でも、自分の希望や考え方が十分に反映されていなければマイケアプランではありません。反対に、ケアマネジャーたちに情報提供や手続きをしてもらった場合でも、自分の希望や考え方が十分に反映されていれば、立派なマイケアプランです。

 プランの作成とは、自分の暮らし方や生き方、家族や近隣の人々との関係やあり方をしっかり考え、介護保険サービスを含む各種の社会資源を自分たちの暮らしに取り入れること。つまり、介護のアウトソーシング(外部化)ではなく、全くその逆です。

 育児の本質が親子関係にあるのと同様に、介護の本質も人間関係にあります。介護はその意味で、決してヘルパーと利用者の関係に収斂(しゅうれん)できるようなものではありません。自分がどのように生きてきて、老いをどう迎えたいと考えるのか。自分でケアプランを考えるということは、自分が大切にしたいことは何かを考えて実践するうえで、非常に重要な方法の一つです」

学力テストの入札手続きを検証、文科相が意向(読売新聞)
領土問題、協議継続を確認=核軍縮でも意見交換-日ロ外相(時事通信)
<阿久根市長>賃金不払い容疑で元係長の弁護士が告発(毎日新聞)
アシアナ航空がオーバーラン=報告は2日後、国交省が注意-開業間もない茨城空港(時事通信)
<政党機関紙配布>元社保庁職員に逆転無罪 東京高裁判決(毎日新聞)
プロフィール

Author:やなぎだかずみさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。